社会人一年目の時(2006年)に、社会勉強だと思って買った株が値下がりし、やる気もなくなったことからずっと塩漬け。 時は経ち、いい歳にもなったので、資産運用を始めようと思い2013年に復活。株式だけではなく、自分の資産を増やすために2014年から本格的にやってみる軌跡。

今年からSBI証券でNISAをやろうと思い手続きをして、やっと開設できました。
で、SBI証券でそもそもインデックスファンドを特定口座で積みててていたのですが、これをどうしようか悩み中。

おそらくパターンは以下の2つぐらいかと。

  1. 特定口座で購入済みのものを売却して、そのお金を使ってNISAで購入

  2. 特定口座で購入済みのものは放置して、新しくNISAで積立のみ



そもそも外国株式のインデックスファンドをこのタイミングで、「SMT グローバル株式インデックス」から「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」に切り替えるつもりなのでなおさら悩む。。。
切り替えようと思ったのは、積立をNISAでやるつもりなので、この機会に信託報酬が低い方に乗り換えようかと。

そもそも1つのインデックスファンドを持ち続けたほうがいいのかもわからず。

みなさんどうされてるんですかね?
こういうケースはまれなのだろうか。。。


▼1クリックのご協力よろしくお願いいたします▼

※スマートフォンサイト、HYPER MOBILE、HYPER 株アプリ(iPhone・Androidアプリケーション)の登録銘柄とは連動しておりません。

SBI証券 HELP-MOBILE SBI登録銘柄リストについて


これは若干不便だなあ。
他社のツールもそうだけど、もうちょっとログイン後の画面とかアプリとか使いやすいように設計してほしいと思うのは私だけだろうか。


▼1クリックのご協力よろしくお願いいたします▼


新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)


こちらの本を読んでいますが、難しすぎて全然理解できていません。。。
唯一の救いは、こちらは《改訂版――現代に合わせた注解付き》ということで、注釈の部分だけはなんとなく理解できている気もします。

ちなみにこの本は、以下の「1分間バフェット」を読んでいる中で出てきた本で、バフェットが感銘を受けた本だそうだったので買ってみた感じです。


1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則 (1分間シリーズ)


とりあえず流し読みぐらいはしてみようと思います(汗


▼1クリックのご協力よろしくお願いいたします▼

↑このページのトップヘ